カット野菜を主力として約400種類ほどのアイテムを取り扱い、一日約10トンの出荷能力を持ちます。
トップへ採用情報サイトマップリンク集プライバシーポリシー
トップページへ 美味しく安全な製品を追求するいかど
会社案内 いかどの心得 工場の仕事 商談の流れ カット野菜の種類 ベジタブルキットのご紹介 お問い合わせ

仕事を始める前に

入荷

作業場へ入出際必ず大型のミラーにて全身をチェック。
作業服や髪の毛など細かくチェックします。
次に、エアーシャワーを浴びてから初めて作業場へ入室することができます。



入荷

細かい気遣いです
エアーシャワーを浴びた後すぐに入室すると、小さなゴミがまだ舞った状態です。
エアーシャワーが終わって数秒たってから入室するよう徹底しています。


工場の仕事

入荷

いかどでは、トラックで運ばれて来た野菜を入荷検品用の冷蔵ルームで入念に品質チェックします。
ここで入荷品種別、入荷時間毎に管理を行い、直送の鮮度を出来うる限り保ちます。

温度管理です!
いかどでは、ここから始まる全工程を通してお届け先まで、野菜の鮮度が10度を超えないように気を配っています。

▲ このページのトップへ

入荷

ご注文に応じた出荷用定量を確認し、いかどの検査基準をパスした物のみを選りすぐり、必要分を計測してラインに出します。

人の技です!
計量は全工程の入りと出で必ずチェックします。
野菜は各工程を通り製品と成るのですが、洗浄、トリミング、カット、殺菌、乾燥、パッケージ等で入ったときと出たときで分量が増減します。水分に触れれば水を吸いますし、カットすれば体積が減りますし、乾燥させれば当然重量は減ります。
また、少しでも新鮮さを欠いたものはその時点で除きますので、オーダー出荷量に合わせて各工程を流れる野菜の量を調整してやる必要があります。
こうしたチェックを正確に行うことで、無駄なコストを省き製品の低価格化に繋がりますし、何より品質を保てます。その為の各工程全計量作業なのです。
しかし、問題になるのは野菜は生き物で、その日の顔色はいつも違うということです。自然からの恩恵である野菜の顔色を見定めて人間の必要な分量だけ計り取るのは熟練の仕事なのです。

▲ このページのトップへ

野菜についている泥や虫を落とします。
さらに、目視で汚れだけでなく混入物を取り除きます。

とても冷たい水なのです!
野菜を冷やすことで代謝を下げ品質を保つのは広く知られています。
このことを踏まえ、いかどでは全工程で野菜の温度が摂氏10度以下に成るように操業していますが、通常の水の温度はこれより高いことが多く、例えば水道水を例にみてみると常温で摂氏15〜20度もあります。
そこでいかどでは、水を使う全工程をチラー設備で摂氏5度以下に調整した冷水を使っています。
これで工場内での品質を保つだけでなく、野菜を芯まで冷やし込み、出荷後も野菜の温度が上がりにくいようにします。

▲ このページのトップへ

まず、洗浄の工程をくぐり抜けてきた混入物(釘やビニールテープ等)を取り除きます。
それから本カットに入る前にヘタや皮などの部分を取り除きます。
カット工程の始まりであるトリミングは設計図のようなもので、ここでの失敗は後々の工程に影響を与えますので、手抜かりは許されません。

社員は全員潔癖症!
もしカットの最中に包丁と野菜以外のものに触ったら、常備してあるアルコールで洗浄・消毒します。
職人魂です!
従業員各個人が自分で使う自前の包丁を持って仕事にあたります。
各個人が専用の包丁を自己管理して仕事に備えるわけです。 これは、いかどで職務にあたる職人としての最低ラインです。

▲ このページのトップへ

御注文の形にカットします。ここは職人の腕の見せ所です。
全工程にいえることですが、野菜を傷つけると傷みが早くなります。また、人の手に触れることで菌も付着しやすくなります。
最小のタッチで正確に!やり直しの効かない真剣勝負です。
いかどは、美味しく安全な製品作りのために、常に技術を追い求め、職人の高いモチベーションを注ぎ込んでいます。

▲ このページのトップへ

入荷

いかどは、従来使われていた薬品による殺菌ではなく 電解次亜水を使って殺菌処置をします。

電解次亜水とは水と塩と電気から作られる優れた殺菌水
電解次亜水とは水と塩と電気から作られる優れた殺菌水
電気分解によって生成された次亜塩素酸ナトリウムを含む水溶液で、食中毒菌等に対して優れた殺菌力があります。
低濃度・短時間処理で充分な効果を発揮するため食材へのダメージも少なく、人と環境にやさしい。
食材の殺菌はもちろん、手指・加工機械など幅広く殺菌できる。

▲ このページのトップへ

入荷

遠心機にかけて水分を飛ばします。
このときに製品を痛めないよう、
野菜の種類やカットの形状に合わせて回転数の違う遠心機にかけます。

▲ このページのトップへ

入荷

御注文の分量と形態に合わせてパッケージします。
同時に異物混入が無いように徹底した目視検査を行います。

パッケージ技術
● 呼吸できる素材
果物は生きているため真空状態にすると呼吸が出来ずに死んでしまいます。
そこで、野菜が死んだり老化したりしないように野菜に必要な物を必要な分だけ通すことの出来る、呼吸の出来る素材でパッケージします。
● 真空パック
主に根野菜やかぼちゃ等なのですが、御注文に合わせて真空パッケージします。

▲ このページのトップへ

入荷

金属探知機で人の目に見えないような金属質を探知。
いかどは混入物が無いように努力を重ねています。

▲ このページのトップへ

入荷

生産日や商品種、保存条件を明示します。

全自動の意味!
作業の効率化というのも大きな理由ですが、人の手が出来るだけ触れないように、
つまり菌がつかないように、パッケージからこの工程にかけて特に機械化出来るところは機械での作業を導入しています。

▲ このページのトップへ

入荷

各工程を終えて出荷待ちとなる野菜ですが、ここで3時間ほどの時間をかけてゆっくり冷やし込みを行います。
これは、パッケージの中の、奥の奥までしっかり確実に低温にするためです。
こうすることで一寸した温度上昇には耐えることが出来ます。輸送中に品質を落とさないための工夫です。

▲ このページのトップへ

大きな冷蔵庫のような冷蔵室で、品質・出荷先・出荷量の最終チェックをします。

▲ このページのトップへ

入荷

出荷する際も細心の注意を払いトラックに積み込みます。
パネル上になった扉を開け、トラックの荷台とドッキング。外気から新鮮野菜を守ります。



入荷

いかどのロゴ入りの冷蔵トラックが、御注文の日時に合わせて常に細心の品質管理を心がけ配達いたします。
御客様のお手元にお届けするその瞬間までいかどは美味しくて安全な製品にこだわり続けます。

▲ このページのトップへ

トイレだって清潔です。

入荷

トイレだって清潔です。
トイレに入る際、扉を直接手で触れることなく、黄丸部分のセンサーに手をかざすことによって自動扉になっています。



入荷

うっかり防止!!
トイレから出るときも、消毒機に手を入れアルコール消毒をしないと自動扉が開かないようになっています。
これでうっかり消毒を忘れることもありません。

▲ このページのトップへ

トップへ採用情報サイトマップリンク集プライバシーポリシー
Copyright(c) 2009 株式会社いかど All Rights reserved.
〒839-0804 福岡県久留米市宮の陣町若松1番43号  Tel:0942-31-7072 Fax:0942-31-7075